東住吉区「koharuはり灸整骨院」で根本改善

anastasia-hisel-tpivPdQgC20-unsplash-min-1024x683

骨盤のゆがみに効果的なのは、
骨盤まわりの筋肉を伸ばし、柔らかくすること

これから紹介するストレッチを
無理のない範囲で継続してみましょう。

 

ストレッチの前に

ストレッチを行う上で注意しなければいけない事が
何点かありますので、これらの事に気を付けながら
行ってください。

 

ストレッチを行う前の注意点

※無理に行うと症状が悪化する恐れがありますので
 無理しないようにしましょう。

※ストレッチをして痛い場合は、
 痛みを我慢するのではなく筋肉が伸びて気持ちいい所で
 止めるようにしましょう。

※痛みがあり、ストレッチの姿勢が出来ない場合
 中断しましょう。

 

 

ストレッチを行う時のポイント

*動作はゆっくりと息を止めずに行いましょう。

息を吐きながら伸ばし、
 伸びている筋肉を意識しましょう。

 

 

骨盤矯正ストレッチ

では、ここから3つのストレッチを紹介していきます。

 

呼吸を止めずに、大きくゆっくり、
リラックスして行う事がポイントです。

 

①骨盤を回すストレッチ

立ったまま行うストレッチです。

簡単なストレッチですが
骨盤の歪みをリセットする効果が期待できます。

image010-10

《やりかた》

脚を骨盤の幅に開き、膝を緩め、骨盤を意識して
大きく円を描くように左右30回廻しましょう。

 

 

②太ももストレッチ

02

 

太ももストレッチも、立ったまま行います。

骨盤が前に傾いていると、太ももの前側が
硬くなっている
場合があります。

ストレッチをして太ももの筋肉をほぐしましょう。

《やりかた》

  1. 両脚で立った状態から、右手で右足の甲を持つ
  2. 右足のかかとをお尻に近づける
  3. お腹に力を入れ、そのまま10秒間キープする
  4. 左脚も同様に行う
  5. 左右1回ずつを1セットとし、3~5回行う

 

片足で立つのが難しい人は
壁などに手をついて行うようにしましょう。

 

③お尻歩きストレッチ

このストレッチは

骨盤まわりの筋肉を緩め、骨盤の歪みを正し
腰痛予防にもなります。

 

腰からお尻全体を使って行いましょう。

 

❶背筋を伸ばして腰をしっかり立て、
脚を伸ばして座ります。

cro996-kobore-01-20190425153651

➋ウォーキングのときのように腕を振り
踵を前に押し出すように
前へお尻で5歩くらい歩きます

この時、なるべく脚の力は抜いて
お尻だけを使うようにしましょう。

難しく感じる場合は
少しひざを曲げると歩きやすくなります。

2110_P075_03

 

 

❸次は後ろの方にお尻で5歩くらい歩きます。

前進よりやりにくいかもしれませんが
回数を重ねる毎に少しずつ出来るようになりますので
毎日続けましょう。

2110_P075_05

 

骨盤が歪む原因

02-19-2019

 

骨盤が歪む原因は日常生活の中にたくさんあります。

日ごろから下記のようなことに気を付けて
過ごしましょう。

 

※カバンを持つとき、いつも同じ方の手だけで
持たない

※椅子に座った時足を組まない

※左右どちらかに重心をかけて立たない

※なるべくハイヒールを履かない

※うつ伏せで寝ない

 

 まとめ

ストレッチは継続的にやることに意味があるので、
なるべく簡単で、~しながら・・・できるもの
紹介しました。

 

当院では具体的な対策・ストレッチ方法なども
お伝えし鍼灸治療も行っていますので
お困りのことがあれば一度ご相談ください。

 

 

東住吉区「koharuはり灸整骨院」田辺駅・南田辺駅7分 PAGETOP