大阪市東住吉区で腰痛・ヘルニア・足のしびれなら「koharuはり灸整骨院」

暦20年・実績22万人以上
完全予約制
  • 初めての方へ
  • 料金・施術の流れ
  • お電話
  • ご予約
 

ホーム > ブログ > 院内情報 > 頭寒足熱の意味を知ろう!!

BLOGブログ

2017/01/28頭寒足熱の意味を知ろう!!

先日の続きになります^^

 

涼感を得るために冷感アイテムで頭を冷やした経験はあるかと思います。

 

そういう快眠アイテムはかなりの数ありますね!?

しかし、脳に対する影響が出ることを考えてみる機会でもあります。

 

つまり、冷やすとどうなるのか?

 

前回の記事で、脳は血管、神経が密にあるところなので、

そこに影響があってはいけないので、冷やし過ぎはよくない!

 

と書かせてもらいました。

 

 

しかし、これは脳へのリスクがあると報告があるんです。

 

つまり、いくら冷たくて気持ちがよくてもやるべきではない!

ということになりますが、夏の寝苦しさで使ってしまいそうですが・・・(笑)

 

 

では、より心地よく睡眠を得るために、

お身体の健康状態を良好にするための対策です!!

 

頭涼足熱と言い方を変えてみると、こっちの方が正しいのかな?(笑)

つまり、涼をすることで、寒いとの違いはわかるかと思います。

キンキンではなく、ざつくり言えば、心地よい刺激ですね!!

 

 

寝る方向について!

基本、頭側を風通しの良い方向に置いておくこと!
結論からお伝えすると、「北枕」です。

 

ここは、北枕は縁起が悪いということから、この方角で寝たがらない方が多いんです。

 

しかし、実は熟睡にいいとされてるのは北まくら!

 

なぜなら・・・ここからは頭のお固~い話になるので、

適当に進めていってもらっていいのですが、

 

「地球の磁気は南から北に流れています、

だから頭を北に置く方が、血液の流れなどが自然に逆らわない」

 

という理由なんですね(笑)

 

対策をまとめると・・・

「ファンを活用し、ゆるい風が頭にあたるような位置に!」

 

ということになります。

 

 

また、ブログ更新しますね!!

Koharuはり灸整骨院

  • 電話
  • facebook

【受付】
(月~金)9:00-12:00/16:00-20:30 
(土祝)9:00~15:00 
(日)定休日
【住所】
〒546-0033 
大阪市東住吉区南田辺1丁目3-13-1F

【地下鉄でお越しのお客様】(徒歩7分)
大阪市営地下鉄御谷町線「田辺駅」改札を出て、長居公園東筋を南へ進んでください。
東田辺1の交差点(左手に東和病院さんを目印に、次の交差点)を右折し、10メートルで左手に当院です。

【JR線でお越しのお客様】(徒歩7分)
JR阪和線「南田辺駅」の改札を出て、
突き当りのコンビニを左折。
そのまま高架下のフェンス沿いに歩き、
突き当りを左折。公園が見えます。
公園沿いに東側に歩き、
南田辺商店街を超えた10メートル先が当院です

【お車でお越しのお客様】
ワンパーク田辺3丁目第2パーキング(当院向かい)があります。

診療時間 土祝
午前 9:00~12:00
15時
まで
午後 16:00~20:30

※△木曜午後は、訪問施術になります
※土祝は、9:00~15:00まで診療しております 
※日曜定休

Copyright© 2021 KOHARUSINKYUSEIKOTSUIN.All Rights Reserved.