大阪市東住吉区で腰痛・ヘルニア・足のしびれなら「koharuはり灸整骨院」

暦20年・実績22万人以上
完全予約制
  • 初めての方へ
  • 料金・施術の流れ
  • お電話
  • ご予約
 

ホーム > ブログ > 美容 > 肌への刺激を少なくする方法を学ぶ!

BLOGブログ

2019/10/21肌への刺激を少なくする方法を学ぶ!

 

前回のコラムでは

 

 

角質層のうるおいを保つケア法を

 

 

 

お伝えしてきました。

 

 

 

 

 

 

今回は肌への刺激を少なくするケアを

 

 

 

お伝えしてきます。

 

 

 

 

《肌への刺激を少なくする方法》

 

 

 

※紫外線対策※

 

 

 

秋になって空気も冷たく感じ

 

 

 

陽射しも和らいで、

 

 

 

紫外線が減っているように感じませんか?

 

 

 

 

 

 

そのため、ついアウトドアでの

 

 

 

紫外線対策を忘れがちになる人が多いようです。

 

 

 

 

 

確かに夏ほど紫外線は強くはありませんが

 

 

 

ある程度の量の紫外線は降り注いでいるんです。

 

 

 

 

 

 

つまり、油断していると知らないうちに

 

 

日焼けしているかもしれません。

 

 

 

 

 

さらに空気も乾燥してくるので

 

 

肌に対する刺激は夏よりも強くなり、

 

 

肌ダメージを受けやすくなる可能性もあります。

 

 

 

 

 

紫外線ケアは、涼しくなっても

 

 

引き続き行う事が大切になりますので忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

 

※洗浄は優しく行う※

 

 

また、今の時季に入浴する際は、

 

 

乾燥から肌を守るためにも、皮膚をやさしく

 

 

洗浄することが大切になります。

 

 

 

 

 

例えば、暑い夏と違って汗をかくことも

 

 

 

少なくなっているかと思います。

 

 

 

 

 

そんな時は、毎日石鹸で身体を洗うのではなく

 

 

 

週に2,3回身体全体を石鹸で洗う様にして

 

 

 

それ以外の日は、汚れが貯まりやすい部分だけ

 

 

 

 

 

 

石鹸で洗い、後はお湯だけでも

 

 

 

充分に汚れを落とす事ができます。

 

 

 

 

 

 

 

更に石鹸で洗う時も

 

 

 

ゴシゴシこする様に洗うのではなく

 

 

 

きめ細かい泡で洗う様にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

洗い過ぎは、必要な皮脂まで

 

 

 

奪ってしまうので肌が乾燥してしまいます。

 

 

 

 

 

つまり、このような対策をして

 

 

 

冬が来る前に自然治癒力を高め、

 

 

 

“肌トラブル”の原因を

 

 

 

減らしておく事が必要になるということなんです。

 

 

 

 

 

 

冬の乾燥でつらい思いしをしないためには

 

 

 

今から肌ケアをきちんと行う事が大切です。

 

 

 

 

 

 

冬が来て、乾燥して

 

 

 

毎年のように頭皮や全身がかゆい!

 

 

 

 

といった人は、症状が出てから

 

 

 

慌ててクリームやクスリでケアをするのではなく、

 

 

 

 

 

乾燥が始まる秋から

 

 

「バリア機能を正常化させておく」

 

 

 

「刺激を受けにくい肌状態にしておく」

 

 

 

 

 

 

といった対策をとることで

 

 

冬の乾燥による肌のかゆみや湿疹から

 

 

肌を守る事ができる……というわけなのです。

 

 

 

 

 

 

 

夏から秋に蓄積したダメージで傷ついた肌は

 

 

 

治るまでに時間がかかりますので

 

 

 

寒い冬になる前にきちんと肌をケアしてあげましょう!

 

 

 

 

 

 

早めに肌をいたわってあげることで

 

 

 

肌の自然治癒力を高める事ができますので

 

 

 

 

健やかな心身で冬を迎えられるよう、

 

 

 

早速今日から肌ケアをスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

Koharuはり灸整骨院

  • 電話
  • facebook

【受付】
(月~金)9:00-12:00/16:00-20:30 
(土祝)9:00~15:00 
(日)定休日
【住所】
〒546-0033 
大阪市東住吉区南田辺1丁目3-13-1F

【地下鉄でお越しのお客様】(徒歩7分)
大阪市営地下鉄御谷町線「田辺駅」改札を出て、長居公園東筋を南へ進んでください。
東田辺1の交差点(左手に東和病院さんを目印に、次の交差点)を右折し、10メートルで左手に当院です。

【JR線でお越しのお客様】(徒歩7分)
JR阪和線「南田辺駅」の改札を出て、
突き当りのコンビニを左折。
そのまま高架下のフェンス沿いに歩き、
突き当りを左折。公園が見えます。
公園沿いに東側に歩き、
南田辺商店街を超えた10メートル先が当院です

【お車でお越しのお客様】
ワンパーク田辺3丁目第2パーキング(当院向かい)があります。

診療時間 土祝
午前 9:00~12:00
15時
まで
午後 16:00~20:30

※△木曜午後は、訪問施術になります
※土祝は、9:00~15:00まで診療しております 
※日曜定休

Copyright© 2021 KOHARUSINKYUSEIKOTSUIN.All Rights Reserved.