大阪市東住吉区で腰痛・ヘルニア・足のしびれなら「koharuはり灸整骨院」

暦20年・実績22万人以上
完全予約制
  • 初めての方へ
  • 料金・施術の流れ
  • お電話
  • ご予約
 

ホーム > ブログ > 健康、予防にオススメ情報! > 冬でも脱水症状?マスク着用で増えているって?

BLOGブログ

2020/12/22冬でも脱水症状?マスク着用で増えているって?

 

今年もあとわずかとなりましたが

 

 

 

 

コロナの勢いも止まらず例年と違う年末年始になりそうですね。

 

 

 

 

 

マスクも必需品になって今話題になっているのが

 

 

 

 

『冬の脱水症状』

 

 

 

 

 

 

テレビなどでも報道されていますので

 

 

 

 

 

聞いた事がある人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

『何故マスクで脱水症状?』

 

 

 

『冬なのに脱水症状?』

 

 

 

 

 

と思ってしまいますね。

 

 

 

 

 

 

そこで今回は

 

 

 

 

”冬の脱水症状とはどんなもの?”

 

 

 

 

 

と言ったテーマでお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

《冬の脱水症状とは?》

 

 

 

脱水症状は夏によく発症すると思いがちですが

 

 

 

 

冬は空気が乾燥して水分を積極的にとらなくなったり

 

 

 

 

現在ではマスクをしている事で喉の渇きを感じにくい・・・

 

 

 

 

と言う事も原因で脱水症状がおこると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、脱水症状は季節を問わず

 

 

 

注意しなければならない・・・と言う事になりますね。

 

 

 

 

 

◎冬の脱水症状の原因とその症状

 

 

 

冬でも脱水症状が起きる理由は

 

 

 

 

水分補給をおろそかにしがちになるから・・・

 

 

 

 

 

私たちの体は、普通に生活していても

 

 

 

“季節を問わず1日に2.5Lほどの水分を消費している”

 

 

 

といわれています。

 

 

 

 

これだけの水分は、体内で作られる水分や、

 

 

 

 

食事から摂取する水分だけでは十分ではないので

 

 

 

 

意識して水分補給することが大切と言えます。

 

 

 

 

 

 

またマスクは保湿効果があるため、

 

 

 

 

喉の渇きをさらに感じにくく

 

 

 

 

それに加え着脱が面倒なことから

 

 

 

 

水分補給の回数も減りがちになります。

 

 

 

 

 

 

冬など乾燥する日が続くと皮膚などからの蒸発が増し

 

 

 

 

さらに、喉があまり渇かないため脱水に気づきにくく、

 

 

暖房で、より乾燥した室内では蒸発が進むので

 

 

 

水分が奪われやすくなります。

 

 

 

 

更に、感染予防で外出機会が減り

 

 

 

水分を保つ役割もある筋肉の量が減少してしまい

 

 

 

脱水が起きやすくなる・・・といったこともあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

このような事から冬でも

 

 

 

脱水症状には注意しなければならない事が分かりますね。

 

 

 

 

 

◎冬の脱水症の症状

 

 

 

 

脱水症状になると下記のような体調不良が表れやすくなります。

 

 

 

*めまい、立ちくらみ

 

*眠気

 

*疲労

 

*食欲不振

 

*関節の痛み

 

 

 

このような症状が起きた時、水分補給によって

 

 

 

改善された場合は脱水症状が原因だったといえます。

 

 

 

 

◎冬の脱水症状対策

 

 

では、冬の脱水症状を予防するために、

 

 

 

生活の中で取り入れたい事を見ていきましょう。

 

 

 

 

①こまめな水分補給

 

 

 

汗をかきにくい冬は、1日3回の食事時に加えて、

 

 

 

2時間に1回コップ1杯程度の水を飲むこと。

 

 

 

 

また、飲み物だけでなく、ほうれん草や小松菜など、

 

 

 

水分とミネラルが豊富な緑黄色野菜を意識して

 

 

 

 

食べることも水分摂取につながるのでおすすめです。

 

 

 

 

②皮膚からの蒸発を防ぐ

 

 

 

加湿器などを使ったり観葉植物を置いたり、

 

 

 

室内に洗濯物を干したりすることで

 

 

 

 

室内を加湿するように心がけましょう。

 

 

 

 

また

 

*定期的に換気する

 

*水を張ったバケツにタオルをかけておく

 

 

 

といったことも効果的です。

 

 

 

 

まだまだ寒い季節も続きコロナも収まる

 

 

 

気配もありませんね。

 

 

 

 

今年の冬は特に気を付けて水分を摂取するようにしましょう!

 

Koharuはり灸整骨院

  • 電話
  • facebook

【受付】
(月~金)9:00-12:00/16:00-20:30 
(土祝)9:00~15:00 
(日)定休日
【住所】
〒546-0033 
大阪市東住吉区南田辺1丁目3-13-1F

【地下鉄でお越しのお客様】(徒歩7分)
大阪市営地下鉄御谷町線「田辺駅」改札を出て、長居公園東筋を南へ進んでください。
東田辺1の交差点(左手に東和病院さんを目印に、次の交差点)を右折し、10メートルで左手に当院です。

【JR線でお越しのお客様】(徒歩7分)
JR阪和線「南田辺駅」の改札を出て、
突き当りのコンビニを左折。
そのまま高架下のフェンス沿いに歩き、
突き当りを左折。公園が見えます。
公園沿いに東側に歩き、
南田辺商店街を超えた10メートル先が当院です

【お車でお越しのお客様】
ワンパーク田辺3丁目第2パーキング(当院向かい)があります。

診療時間 土祝
午前 9:00~12:00
15時
まで
午後 16:00~20:30

※△木曜午後は、訪問施術になります
※土祝は、9:00~15:00まで診療しております 
※日曜定休

Copyright© 2021 KOHARUSINKYUSEIKOTSUIN.All Rights Reserved.