大阪市東住吉区で腰痛・ヘルニア・足のしびれなら「koharuはり灸整骨院」

暦20年・実績22万人以上
完全予約制
  • 初めての方へ
  • 料金・施術の流れ
  • お電話
  • ご予約
 

ホーム > ブログ > 健康、予防にオススメ情報! > 熱中症 今年の夏はいつもと違う!?高齢者への配慮とは?

BLOGブログ

2020/07/15熱中症 今年の夏はいつもと違う!?高齢者への配慮とは?

 

ここ最近コロナの感染者数が増加傾向にあり

 

 

更に全国的に豪雨に見舞われ

 

 

なんだか気の抜けない日々が続いていますね。

 

 

 

 

前回のコラムでもお伝えしましたが

 

 

マスク着用による熱中症も気になる所です。

 

 

 

 

今年の夏も厳しい暑さが続くとなれば

 

 

 

毎年気を付けている熱中症対策に加えて、

 

 

 

新型コロナウイルスの感染予防によるマスク着用で

 

 

 

より熱中症対策が必要になりそうです。

 

 

 

《いつもと違う夏とは!?》

 

また、今年が例年と大きく違うのは

 

 

 

4月上旬からコロナウイルスの感染拡大による

 

 

 

「緊急事態宣言」で、外出の自粛やテレワークが続き

 

 

 

『夏の体になる準備が十分にできていない』

 

 

 

と言う事があります。

 

 

 

 

 

本来であれば、4月から6月にかけて

 

 

 

少しずつ蒸し暑くなっていく中で活動を行うことで

 

 

 

『血管が拡張して血流量が増え、汗をかきやすくなる』

 

 

 

という、夏の体になっていくのですが

 

 

 

今年はそのような身体にならないうちに

 

 

 

通勤や通学が再開されたことで

 

 

 

熱中症のリスクが高まってしまっているとか・・・

 

 

 

さらに、マスクをすることで

 

 

 

皮膚表面からの放熱が抑えられ体は温められてしまいます。

 

 

 

 

『マスクをすると湿った空気を吸うことで

 

 

 

のどの渇きを感じにくくなる』

 

 

 

と言った心配をする声もあるようですが

 

 

 

逆にのどが湿気を帯びることで

 

 

 

感染症対策としては効果がありますが水分の摂取は大切になります。

 

 

 

 

では、感染を防ぎながら熱中症にかからないためには

 

 

 

どうすれば良いのか・・・

 

 

 

*涼しい環境で過ごしている時もマスクを適宜はずす

 

 

 

*冷房の効いていない場所で過ごすときには

 

 

冷たい水で水分補給をする

 

 

 

と言った工夫をすることで熱中症を防ぐことはできます。

 

 

 

 

水分を摂取する事は、脱水を防ぐだけでなく

 

 

体を冷やすという意味でも大切になります。

 

 

 

 

そこで、おススメなのが保冷力のあるボトルに、

 

 

氷を入れて持ち歩く・・・と言う事。

 

 

 

 

もちろん

 

*自動販売機やコンビニで飲料を購入する

 

*自宅から冷たい飲みものを入れて持っていく

 

 

という方法もありますが、

 

 

 

すぐに温かくなったり、足りなくなる場合があります。

 

 

 

そこで、氷の入った水筒を持っておくと

 

 

購入した飲み物を注ぐことで

 

 

 

いつでも冷たい飲み物を摂る事ができますね。

 

 

 

 

《熱中症のリスクの高い高齢者》

 

 

 

熱中症のリスクが高い高齢者への注意として

 

 

一人暮らしの高齢者がいる場合は

 

 

 

頻繁に連絡を取ることも重要になります。

 

 

 

 

 

それは高齢者は基礎代謝が落ちることで

 

 

気温が高くなっても暑いと感じにくくなるため

 

 

 

猛暑日や熱帯夜が数日続いても

 

 

 

気づかないうちに熱中症になるケースが多いからなんです。

 

 

 

そうした事態を避けるためには、

 

 

*下着や洋服、寝具など夏用になっているか

 

 

*エアコンがちゃんと冷房になっているか

 

 

 

と言う事をまず確認すると同時に

 

 

室温が高くなる時間帯に連絡をして

 

 

エアコンをつけているかを尋ねましょう。

 

 

 

 

つけていないようであればスイッチを入れるように促し

 

 

 

2~3時間後にも再び連絡をして

 

 

 

エアコンがついているか確認するくらいの対応が

 

 

 

必要と言われています。

 

 

 

 

なかなか大変な事ではありますが

 

 

 

高齢者の場合は自分では気づきにくいので、

 

 

 

周囲が気にかけて様子を見ておくことが重要と言えます。

 

 

 

このような熱中症対策をして

 

 

この夏を無事に乗り切りましょう!

 

 

Koharuはり灸整骨院

  • 電話
  • facebook

【受付】
(月~金)9:00-12:00/16:00-20:30 
(土祝)9:00~15:00 
(日)定休日
【住所】
〒546-0033 
大阪市東住吉区南田辺1丁目3-13-1F

【地下鉄でお越しのお客様】(徒歩7分)
大阪市営地下鉄御谷町線「田辺駅」改札を出て、長居公園東筋を南へ進んでください。
東田辺1の交差点(左手に東和病院さんを目印に、次の交差点)を右折し、10メートルで左手に当院です。

【JR線でお越しのお客様】(徒歩7分)
JR阪和線「南田辺駅」の改札を出て、
突き当りのコンビニを左折。
そのまま高架下のフェンス沿いに歩き、
突き当りを左折。公園が見えます。
公園沿いに東側に歩き、
南田辺商店街を超えた10メートル先が当院です

【お車でお越しのお客様】
ワンパーク田辺3丁目第2パーキング(当院向かい)があります。

診療時間 土祝
午前 9:00~12:00
15時
まで
午後 16:00~20:30

※△木曜午後は、訪問施術になります
※土祝は、9:00~15:00まで診療しております 
※日曜定休

Copyright© 2021 KOHARUSINKYUSEIKOTSUIN.All Rights Reserved.