大阪市東住吉区で腰痛・ヘルニア・足のしびれなら「koharuはり灸整骨院」

暦20年・実績22万人以上
完全予約制
  • 初めての方へ
  • 料金・施術の流れ
  • お電話
  • ご予約
 

ホーム > ブログ > 健康、予防にオススメ情報! > 熱中症にかからないために必要な予防法とは!?

BLOGブログ

2020/07/07熱中症にかからないために必要な予防法とは!?

九州地方では洪水の被害で大変な事に

 

 

なっていますね。

 

 

 

コロナの感染も気にしながらの避難生活・・・

 

 

 

大変な事かと思います。

 

 

 

 

心よりお見舞い申し上げますと共に

 

 

 

一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

では、今回のコラムは『熱中症の予防について・・・』

 

 

 

 

 

《熱中症を予防するにはどうすればいいの?》

 

時には死に至ることもある熱中症・・・

 

 

 

しかし、次の対策をとることで予防することができます。

 

 

 

 

①暑さを避ける

 

 

日差しが強く暑い日には、なるべく外出を避けましょう。

 

 

 

どうしても外出をしなければならない時は

 

 

日傘や帽子などを着用して

 

 

直射日光を避けるように気をつけましょう。

 

 

 

更に、服装にも気をつけましょう。

 

 

*吸汗や速乾素材のもの

 

 

*熱を吸収する黒色系より白色系のもの

 

 

 

などがお勧めです。

 

 

 

また少しでも体調がおかしいと感じたら、

 

 

涼しい場所に移動し、水分を補給しましょう。

 

 

 

室内にいる場合もコロナ感染症予防のため、

 

 

 

換気扇や窓を開放して換気を行い

 

 

 

エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

 

 

 

 

その他にも

 

 

*ブラインドなどで直射日光を防ぐ

 

 

*扇風機で部屋の気温や湿度を下げる

 

 

 

といった工夫もおすすめです。

 

 

 

 

②適宜マスクをはずす

 

 

現在コロナウイルス感染対策で

 

 

 

マスクは必需品になっていますが

 

 

 

気温・湿度の高い中でマスクをすると

 

 

 

熱中症のリスクが高くなってしまいます。

 

 

 

 

そこで政府の広報を見ると下記のように記されています。

 

 

 

・屋外で人と十分な距離(2m以上)が

 

 

確保できる場合は、マスクをはずしましょう。

 

 

 

 

・マスクを着用しているときは、

 

 

負荷のかかる作業や運動を避け、

 

 

周囲の人との距離を十分にとったうえで、

 

 

適宜マスクをはずして休憩をとりましょう。

 

 

 

 

このように熱中症にかからないように

 

 

状況に応じてマスクの使用法を分けることも

 

 

重要になりますね。

 

 

 

 

③こまめな水分補給

 

『のどが渇いた』と感じた時は、すでに水分が

 

 

足りていない状態なので

 

 

喉が渇く前に、こまめに水分を補給しましょう。

 

 

 

特に高齢者は、のどの渇きを感じにくいため、

 

 

飲みたいと思わなくても、

 

 

*外出や運動

 

 

*入浴、睡眠

 

 

 

などの前と後に水分をとることを心がけましょう。

 

 

 

”水分をとりすぎると汗をかき過ぎて良くない・・・”

 

 

と思っている人もいるかもしれませんが

 

 

この考えは間違いで

 

 

 

汗をかくことで、体から気化熱が奪われ

 

 

 

体温を下げる効果がありますので

 

 

 

水分は1日当たり1.2ℓ程度摂るようにしましょう。

 

 

 

 

また、たくさん汗をかいたときは、

 

 

普通の水を撮るよりも

 

 

 

スポーツ飲料や塩あめなどで

 

 

 

水分とともに塩分も補給するようにしましょう。

 

 

 

④暑さに備えた体作り

 

 

熱中症は、暑くなり始めや急激な気温上昇など

 

 

からだが暑さに慣れておらず

 

 

 

体温の調節が難しいときに起こりやすくなります。

 

 

 

からだが暑さに慣れ、

 

 

*暑い環境でも体温の調節や維持ができる

 

 

と言った状態を「暑熱順化」といいます。

 

 

 

このような状態になるには

 

 

ふだんから運動をしていて

 

 

適度に汗をかく習慣が無ければなりません。

 

 

 

 

つまり1日30分程度のウォーキングをするなど

 

 

普段から暑さに対応できる身体を作る事が

 

 

大切と言えます。

 

 

 

しかし

 

*寝不足や二日酔い

 

*疲れがたまっている

 

*風邪気味

 

*食事を抜いている

 

 

 

と言った場合にも熱中症になりやすいので

 

 

十分な栄養と休養をとることも大切になります。

 

 

 

このように普段から規則正しい生活を送り

 

 

適度な運動も心がけるようにして

 

 

 

新型コロナウイルス感染防止のための

 

 

「3密」を避けつつ

 

 

熱中症にならないように気をつけましょう。

 

 

Koharuはり灸整骨院

  • 電話
  • facebook

【受付】
(月~金)9:00-12:00/16:00-20:30 
(土祝)9:00~15:00 
(日)定休日
【住所】
〒546-0033 
大阪市東住吉区南田辺1丁目3-13-1F

【地下鉄でお越しのお客様】(徒歩7分)
大阪市営地下鉄御谷町線「田辺駅」改札を出て、長居公園東筋を南へ進んでください。
東田辺1の交差点(左手に東和病院さんを目印に、次の交差点)を右折し、10メートルで左手に当院です。

【JR線でお越しのお客様】(徒歩7分)
JR阪和線「南田辺駅」の改札を出て、
突き当りのコンビニを左折。
そのまま高架下のフェンス沿いに歩き、
突き当りを左折。公園が見えます。
公園沿いに東側に歩き、
南田辺商店街を超えた10メートル先が当院です

【お車でお越しのお客様】
ワンパーク田辺3丁目第2パーキング(当院向かい)があります。

診療時間 土祝
午前 9:00~12:00
15時
まで
午後 16:00~20:30

※△木曜午後は、訪問施術になります
※土祝は、9:00~15:00まで診療しております 
※日曜定休

Copyright© 2021 KOHARUSINKYUSEIKOTSUIN.All Rights Reserved.