大阪市東住吉区で腰痛・ヘルニア・足のしびれなら「koharuはり灸整骨院」

暦20年・実績22万人以上
完全予約制
  • 初めての方へ
  • 料金・施術の流れ
  • お電話
  • ご予約
 

ホーム > ブログ > 健康、予防にオススメ情報! > 乾燥肌や肌荒れなど肌トラブルの原因をここで再確認!

BLOGブログ

2019/10/17乾燥肌や肌荒れなど肌トラブルの原因をここで再確認!

 

10月に入り朝晩寒さを感じるように

 

なりましたね。

 

 

 

 

そこで、

 

 

 

夏の紫外線の影響が出てくるこの季節に

 

 

 

肌トラブルを起こさないよう

 

 

 

大切なスキンケアについてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

秋から冬は

 

 

『肌がカサつく』

 

 

『かゆみや肌荒れが出る』

 

 

といった悩みも出てきますね。

 

 

 

 

 

では肌トラブルの原因は何なのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

◆乾燥によるダメージ◆

 

 

 

 

 

『夏に受ける紫外線』

 

 

 

『エアコンの風』

 

 

 

 

 

これらが原因となって

 

 

 

夏は肌を乾燥させダメージを与えます。

 

 

 

 

 

 

 

さらに秋から冬は、北風が強くなり

 

 

 

空気も乾燥してくるので肌荒れの原因にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆カラダの冷え◆

 

 

気温も下がってカラダも冷えてきますね。

 

 

 

カラダが冷えると血行が悪くなり

 

 

巡りが低下すると、肌の代謝も悪くなります。

 

 

 

 

 

 

 

◆不眠◆

 

 

 

 

肌にとって睡眠はとても大切になります。

 

 

 

 

 

夏は暑さのため寝苦しいと感じ

 

 

 

秋冬は気温が下がり、

 

 

 

乾燥することで眠りが浅くなりがちです。

 

 

 

 

 

 

睡眠が充分にとれていないと

 

 

 

肌の代謝(ターンオーバー)が遅れ、

 

 

 

肌への栄養供給がうまくいかなくなるので

 

 

 

肌荒れの原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆暴飲暴食や刺激物の摂りすぎ◆

 

 

『実りの秋』『食欲の秋』

 

 

とにかく美味しいものがたくさん出回る季節ですね。

 

 

 

 

 

なのでついつい食べ過ぎてしまう・・・。

 

 

 

 

さらに、年末は忘年会などで

 

 

 

つい食べ過ぎたり、飲みすぎたりしてしまいますね。

 

 

 

 

 

 

 

暴飲暴食は胃腸を疲れさせ

 

 

 

お酒・チョコレート・コーヒー ・タバコ・辛いもの

 

 

 

といった、刺激のある食べ物や

 

 

 

飲み物も、胃腸を疲れさせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このような過剰な刺激を受けると

 

 

 

 

消化器の働きが悪くなり

 

 

 

 

解毒する力も落ちるため、

 

 

 

肌が荒れやすいと考えられています。

 

 

 

 

 

 

では秋の肌はどんなトラブルが

 

 

出やすいのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

《秋の肌状態》

 

 

秋の始めに現れる症状として

 

 

 

夏の間浴び続けた紫外線の影響で

 

 

 

「シミ・ソバカス」「くすみ」

 

 

といったものが目立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、紫外線を浴び続けたことで

 

 

 

 

肌内部のコラーゲンなどがダメージを受け

 

 

 

 

「はりのなさ」を感じやすくなります。

 

 

 

 

 

 

気温・湿度が低くなるので

 

 

 

血液循環も悪くなり、皮脂や汗の分泌が

 

 

 

減少し皮脂膜が十分つくられなくなります。

 

 

 

 

 

そのため、目もと、口もとほおなどに

 

 

 

「かさつき」が目立ちはじめます。

 

 

 

 

 

 

 

《対策は?》

 

 

 

とにかく乾燥を防ぐこと!

 

 

 

 

肌を乾燥させないように

 

 

いつもより保湿効果の高いアイテムを

 

 

使ってお手入れしたり、

 

 

加湿器で空気の乾燥を防ぎましょう。

 

 

 

 

 

 

また、血行が悪いと生き生きとした肌が

 

 

 

生まれにくくなるので

 

 

 

血行をよくするマッサージなどもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

次回は血行を良くする

 

 

 

マッサージについてお伝えしていきますね♪

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

Koharuはり灸整骨院

  • 電話
  • facebook

【受付】
(月~金)9:00-12:00/16:00-20:30 
(土祝)9:00~15:00 
(日)定休日
【住所】
〒546-0033 
大阪市東住吉区南田辺1丁目3-13-1F

【地下鉄でお越しのお客様】(徒歩7分)
大阪市営地下鉄御谷町線「田辺駅」改札を出て、長居公園東筋を南へ進んでください。
東田辺1の交差点(左手に東和病院さんを目印に、次の交差点)を右折し、10メートルで左手に当院です。

【JR線でお越しのお客様】(徒歩7分)
JR阪和線「南田辺駅」の改札を出て、
突き当りのコンビニを左折。
そのまま高架下のフェンス沿いに歩き、
突き当りを左折。公園が見えます。
公園沿いに東側に歩き、
南田辺商店街を超えた10メートル先が当院です

【お車でお越しのお客様】
ワンパーク田辺3丁目第2パーキング(当院向かい)があります。

診療時間 土祝
午前 9:00~12:00
15時
まで
午後 16:00~20:30

※△木曜午後は、訪問施術になります
※土祝は、9:00~15:00まで診療しております 
※日曜定休

Copyright© 2021 KOHARUSINKYUSEIKOTSUIN.All Rights Reserved.