大阪市東住吉区で腰痛・ヘルニア・足のしびれなら「koharuはり灸整骨院」

暦20年・実績22万人以上
完全予約制
  • 初めての方へ
  • 料金・施術の流れ
  • お電話
  • ご予約
 

ホーム > ブログ > 健康、予防にオススメ情報! > ぎっくり腰にならないためには・・・その他の腰痛の種類って?

BLOGブログ

2021/01/18ぎっくり腰にならないためには・・・その他の腰痛の種類って?

 

 

前回は『ぎっくり腰を起こしやすい状態と対処法』

 

 

 

についてお伝えしましたが

 

 

 

 

今回はぎっくり腰に苦しまないためにも、

 

 

 

『常日ごろから気を付けたいこと』をお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

ぎっくり腰を起こした人の約4分の1の患者さんが

 

 

 

 

再発しているとの統計もありますので

 

 

 

 

是非注意してくださいね。

 

 

 

 

 

《日常で気を付けたい事》

 

 

 

①前かがみの姿勢や重いものの持ち運びなど、

 

 

 

 

無理な姿勢をとらないこと。

 

 

 

 

重さにかかわらず物を持ち上げるときは

 

 

 

 

 

腰を落として持つように気をつけましょう。

 

 

 

 

 

②悪い体の使い癖に気をつけましょう。

 

 

 

 

例えば

 

 

 

*猫背や片脚だけに重心をかける

 

 

 

*長時間椅子などに腰かける

 

 

 

 

といったことに気をつけましょう。

 

 

 

 

③肥満にならないように気をつけましょう。

 

 

 

太っていると体重が重い分、

 

 

 

腰に負担がかかってしまうので腰痛が起こりやすくなります。

 

 

 

 

 

④適度な運動や体操、ストレッチを行いましょう。

 

 

 

 

腰痛の軽減・予防に効果的な運動や体操が

 

 

 

色々ありますが、自分の体調や痛みの度合いを考えて

 

 

 

無理のない範囲で日常生活に取り入れる様にしましょう。

 

 

 

 

 

腰まわりのストレッチを習慣づけることも大切になります。

 

 

 

 

殆どの場合ぎっくり腰は、急いで受診する必要は

 

 

 

ありませんが、

 

 

 

 

加齢などによる腰椎の劣化の進行具合によっては、

 

 

 

ぎっくり腰をきっかけに

 

 

 

 

腰部脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアなどの

 

 

 

 

慢性腰痛に徐々に移行していく場合もありますので注意しましょう。

 

 

 

 

 

また下記のような症状がある場合は

 

 

 

 

早急な治療を必要とする腰痛の可能性が高いので

 

 

 

すぐに受診するようにしましょう。

 

 

 

 

◎安静にしていても腰が痛い。

 

 

 

◎胸や背中など、体の別の部位まで痛みがある。

 

 

 

◎脚の痛み・しびれ・排尿困難などの症状を伴う。

 

 

 

◎発熱がある。

 

 

 

◎最近、転ぶなどして腰を痛めたことがある。

 

 

 

 

 

《原因が特定できる腰痛》

 

 

前回のコラムでも書きましたが

 

 

 

腰痛には色々な種類があり原因もさまざまで

 

 

 

 

病院に行って原因が特定できる腰痛は

 

 

 

全体の15%程度と言われています。

 

 

 

 

では原因が特定できる腰痛にはどのような物があるのか

 

 

 

 

詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

①腰椎椎間性ヘルニア

 

 

 

腰部の骨と骨の間にある

 

 

 

クッションの役割をしている、椎間板が変性し

 

 

 

 

外に飛び出した組織の一部が神経を圧迫し

 

 

 

 

痛みや痺れを起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

②腰椎圧迫骨折

 

 

 

 

転倒などによって、外部から圧力がかかり

 

 

 

腰椎の椎体がつぶれてしまう事です。

 

 

 

 

高齢者や女性に多く腰の激しい痛みがあります。

 

 

 

特に女性で骨粗しょう症の方は要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

③脊柱管狭窄症

 

 

 

背骨の神経が通る脊柱管が狭くなる事で、

 

 

 

 

腰や足の痛み、痺れなどの症状が出ます。

 

 

 

 

加齢や仕事などによる負担で背骨が変形し

 

 

 

 

50代から増え始め、60~70代に多くみられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤坐骨神経痛

 

 

 

腰から足にかけて伸びている坐骨神経が

 

 

 

色々な原因で圧迫、刺激されて痛みや痺れを起こします。

 

 

 

お尻や、太ももの裏、すね、などに痺れや痛みがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

このように腰痛には様々な種類があり、

 

 

 

 

それによって治療法も違います。

 

 

 

 

当院では様々な種類の腰痛に対応しており、

 

 

 

その方に合ったオーダーメイドの施術を行っております。

 

 

Koharuはり灸整骨院

  • 電話
  • facebook

【受付】
(月~金)9:00-12:00/16:00-20:30 
(土祝)9:00~15:00 
(日)定休日
【住所】
〒546-0033 
大阪市東住吉区南田辺1丁目3-13-1F

【地下鉄でお越しのお客様】(徒歩7分)
大阪市営地下鉄御谷町線「田辺駅」改札を出て、長居公園東筋を南へ進んでください。
東田辺1の交差点(左手に東和病院さんを目印に、次の交差点)を右折し、10メートルで左手に当院です。

【JR線でお越しのお客様】(徒歩7分)
JR阪和線「南田辺駅」の改札を出て、
突き当りのコンビニを左折。
そのまま高架下のフェンス沿いに歩き、
突き当りを左折。公園が見えます。
公園沿いに東側に歩き、
南田辺商店街を超えた10メートル先が当院です

【お車でお越しのお客様】
ワンパーク田辺3丁目第2パーキング(当院向かい)があります。

診療時間 土祝
午前 9:00~12:00
15時
まで
午後 16:00~20:30

※△木曜午後は、訪問施術になります
※土祝は、9:00~15:00まで診療しております 
※日曜定休

Copyright© 2021 KOHARUSINKYUSEIKOTSUIN.All Rights Reserved.